抗がん剤の種類と副作用データベース

抗がん剤の種類と副作用データベース

植物系

ビンブラスチン(エクザール)の副作用と効果

ビン(エクザール)の副作用と効果■商品名(製造・販売会社)・エクザール(日本化薬)■特徴代表的な植物アルカロイドのひとつで、細胞分裂の中期において分裂を停止させます。ビンクリスチンと同じく、ニチニチソウという植物から抽出された薬です。微小管(細胞分裂時に染色体を新しい細胞に移す役割をするたんぱく質)...
≫続きを読む

 

ビンクリスチン(オンコビン)の副作用と効果

ビンクリスチン(オンコビン)の副作用と効果■商品名(製造・販売会社)・オンコビン(日本化薬)■特徴ニチニチソウに含まれる成分から生まれた植物アルカロイド系の抗がん剤です。ニチニチソウ(ビンカロゼア)にちなんで、ビンカアルカロイド系と呼ばれています。細胞分裂の際に、染色体を新しい細胞に移す役目をする微...
≫続きを読む

 

plutinam

シスプラチンの副作用と効果

シスプラチンの副作用と効果商品名(製造・販売会社)・アイエーコール(日本化薬)・コナブリ(ブリストル・マイヤーズ)・シスプラチン(マルコ、ヤクルト)・シスプラメルク(メルク・ホエイ)・プラトシン(ファイザー、協和発酵)・ランダ(日本化薬)主な副作用・強烈な悪心・嘔吐,食欲不振等の消化器症状(抗がん剤...
≫続きを読む

 

カルボプラチンの副作用と効果

カルボプラチンの副作用と効果商品名(製造・販売会社)・カルボプラチン(サンド)・カルボメルク(メルク・ホエイ、日本化薬)・パラプラチン(ブリストル、ブリストル・マイヤーズ)主な副作用・「シスプラチン」よりは嘔吐性は軽い・腎障害や骨髄抑制・その他、下痢、腹痛、口内炎、血尿、しびれ、発熱、むくみ等特徴「...
≫続きを読む

 

オキサリプラチンの副作用と効果

オキサリプラチンの副作用と効果商品名(製造・販売会社)・エルプラット(ヤクルト)特徴第三世代のプラチナ製剤で、「シスプラチン」などとは異なる化学構造をもっています。がんに対する働きは「シスプラチン」とおぼ同じで、細胞が分裂する際2本のDNA鎖の間に入り込んでDNAの合成を阻止します。他のプラチナ製剤...
≫続きを読む

 

申し込み


癌と抗がん剤治療

癌と抗がん剤治療

■抗がん剤で「がんは完治しない」〜「奏効率」に騙されるな〜
抗がん剤治療で完治が見込めるのはごく一部のがんしかありません。抗がん剤の「奏効率」は、がんの治癒率を示す指標ではありません。抗がん剤治療の実態を理解することは、効果的な治療を受けるために非常に重要です。


 


癌と抗がん剤治療

■抗がん剤治療を【ギャンブル】にしない賢い抗がん剤の活用法

抗がん剤はリスクとリターンのバランスの見極めが非常に重要です。また、合わない抗がん剤を最初に長期間投与してしまうと、効果がないばかりか、別の治療を受ける余力すらなくなり、時には致命的な状況に陥ることもあります。抗がん剤治療をギャンブルにしないための、考え方をご紹介します。

抗がん剤の種類と副作用データベース記事一覧

シスプラチンの副作用と効果

シスプラチンの副作用と効果商品名(製造・販売会社)・アイエーコール(日本化薬)・コナブリ(ブリストル・マイヤーズ)・シスプラチン(マルコ、ヤクルト)・シスプラメルク(メルク・ホエイ)・プラトシン(ファイザー、協和発酵)・ランダ(日本化薬)主な副作用・強烈な悪心・嘔吐,食欲不振等の消化器症状(抗がん剤...

≫続きを読む

カルボプラチンの副作用と効果

カルボプラチンの副作用と効果商品名(製造・販売会社)・カルボプラチン(サンド)・カルボメルク(メルク・ホエイ、日本化薬)・パラプラチン(ブリストル、ブリストル・マイヤーズ)主な副作用・「シスプラチン」よりは嘔吐性は軽い・腎障害や骨髄抑制・その他、下痢、腹痛、口内炎、血尿、しびれ、発熱、むくみ等特徴「...

≫続きを読む

オキサリプラチンの副作用と効果

オキサリプラチンの副作用と効果商品名(製造・販売会社)・エルプラット(ヤクルト)特徴第三世代のプラチナ製剤で、「シスプラチン」などとは異なる化学構造をもっています。がんに対する働きは「シスプラチン」とおぼ同じで、細胞が分裂する際2本のDNA鎖の間に入り込んでDNAの合成を阻止します。他のプラチナ製剤...

≫続きを読む

パクリタキセル(タキソール)の副作用と効果

パクリタキセルの副作用と効果商品名(製造・販売会社)・タキソール(ブリストル・マイヤーズ)・パクリタキセル(日本化薬)特徴植物アルカロイド薬剤のひとつでセイヨウイチイの葉から合成されます。微小管に作用してがんの増殖を阻害します。カルボプラチンとの併用が卵巣がんでは標準治療とされたところから始まり、現...

≫続きを読む

ドセタキセルの副作用と効果

ドセタキセルの副作用と効果商品名(製造・販売会社)・タキソテール(サノフィ・アベンティス)・ドセタキセル(日本化薬)特徴パクリタキセルと同じく、セイヨウイチイから抽出した抗がん剤です。細胞分裂に関与する微小管の働きを阻害して、がん細胞を死滅させると考えられています。転移・再発乳がん、進行肺がんに用い...

≫続きを読む

ビンブラスチン(エクザール)の副作用と効果

ビン(エクザール)の副作用と効果■商品名(製造・販売会社)・エクザール(日本化薬)■特徴代表的な植物アルカロイドのひとつで、細胞分裂の中期において分裂を停止させます。ビンクリスチンと同じく、ニチニチソウという植物から抽出された薬です。微小管(細胞分裂時に染色体を新しい細胞に移す役割をするたんぱく質)...

≫続きを読む

エトポシドの副作用と効果

エトポシドの副作用と効果商品名(製造・販売会社)・ペプシド(ブリストル・マイヤーズ)・ラステッド(日本化薬)メギ科の植物アメリカミヤオソウの根茎から抽出したポドフィロトキシンを原料とし、1966年に合成された抗がん剤です。イリノテカンと同じトポソメラーゼTに作用するのに対して、この区知りはトポイソメ...

≫続きを読む

ビンクリスチン(オンコビン)の副作用と効果

ビンクリスチン(オンコビン)の副作用と効果■商品名(製造・販売会社)・オンコビン(日本化薬)■特徴ニチニチソウに含まれる成分から生まれた植物アルカロイド系の抗がん剤です。ニチニチソウ(ビンカロゼア)にちなんで、ビンカアルカロイド系と呼ばれています。細胞分裂の際に、染色体を新しい細胞に移す役目をする微...

≫続きを読む

メルファランの副作用と効果

メルファランの副作用と効果■商品名(製造・販売会社)・アルケラン(GSK)■特徴ナイトロジェンマスタードガスの化学構造を変化させたアルキル化剤です。多発性骨髄腫の治療では第一選択薬とされています。併用療法として、・MP療法(メルファラン+プレドニゾロン)・MCMP療法(メルファラン+シクロホスファミ...

≫続きを読む

ドキソルビシン(アドリアマイシン)の副作用と効果

ドキソルビシン(アドリアマイシン)の副作用と効果商品名(製造・販売会社)・アドリアシン(協和発酵)特徴アントラサイクリン系のがんに用いられる抗生物質としては代表的な薬です。体内に入ると細胞のDNAの塩基の間に入り込んで、DNAやRNAの合成を抑制します。主な副作用嘔吐性がシスプラチンに次いで強烈です...

≫続きを読む

イリノテカンの副作用と効果

イリノテカンの副作用と効果■商品名(製造・販売会社)・カンプト(ヤクルト)・トポテシン(第一三共)■特徴カンレンボクという樹木から発見された物質を科学的に合成して作った植物性アルカロイド薬剤(アルカロイドは動物や微生物などによっても生産される有機化合物の総称です)。DNAを切断することで、がん細胞が...

≫続きを読む

イホスファミドの副作用と効果

イホスファミドの副作用と効果商品名(製造・販売会社)・イホマイド(塩野義製薬)特徴シクロホスファミドと化学構造がよく似たアルキル化剤です。シクロホスファミドよりは効力が弱く、同じ効果を得るためには4倍の投与量が必要とされています。主な副作用承認時における安全性評価対象例 809例中,臨床検査値の異常...

≫続きを読む

シクロホスファミド(エンドキサン)の副作用と効果

シクロホスファミド(エンドキサン)の副作用と効果商品名(製造・販売会社)・エンドキサン(塩野義製薬)■特徴ナイトロジェンマスタードガスの毒性を抑え、薬として使えるよう開発されました。50年近く前に開発された古い抗がん剤ですが、未だに使用頻度は高く、様々な抗がん剤治療に使用されます。■主な副作用・骨髄...

≫続きを読む

5−FU フルオロウラシルの副作用と効果

フルオロウラシルの副作用と効果■商品名(製造・販売会社)・カルゾナール(東菱)・5−FU(協和発酵)・ベントン(旭化成)・ルナコールDS(沢井)■特徴代謝拮抗剤のなかでも代表的な抗がん剤です。多くのがんに効果があり、消化器系のがんを中心に用いられています。フルオロウラシルはウラシル(DNA合成に必要...

≫続きを読む

TS−1の副作用と効果

TS-1の副作用と効果商品名(製造・販売会社)・TS−1(大鵬薬品)特徴フルオロウラシルをベースに、さらに効果が高く、副作用の少ない薬を目指して開発されたのがTS1です。@体内で徐々に5−FUに変化して効果持続時間が長いテガフール。A5−FUが分解されることを防ぐギメラシルB5−FUによる下痢などの...

≫続きを読む

メトトレキサートの副作用と効果

メトトレキサートの副作用と効果商品名(製造・販売会社)・メソトレキセート(ワイス、武田)特徴代謝拮抗剤のなかで、葉酸代謝拮抗剤と呼ばれる薬です。葉酸を活性型葉酸にする酵素の働きを阻害し、がん細胞を抑制します。抗がん剤としてではなく、リウマチの治療薬としても使用されます。アメリカでは最もよく使用される...

≫続きを読む

レボホリナートの副作用と効果

レボホリナートの副作用と効果商品名(製造・販売会社)・アイソボリン(ワイス/武田)特徴レボホリナート自体は活性型葉酸製剤で、抗癌作用はありませんが、フルオロウラシルを活性化する効果があり、大腸がんや胃がんの抗がん剤治療では、この薬とフルオロウラシルとの併用が基本です。ホリナートカルシウムとほぼ同じ構...

≫続きを読む

テガフールウラシルの副作用と効果

テガフールウラシルの副作用と効果■商品名(製造・販売会社)・ユーエフティー(大鵬薬品)■特徴体内でフルオロウラシルに変わるテガフールにウラシルを加えたものです。ウラシル自体に薬理作用があるわけではなく、フルオロウラシルが分解されるのを抑制し、がん細胞内でフルオロウラシルの濃度を高く維持する働きがあり...

≫続きを読む

カペシタビン(ゼローダ)の副作用と効果

カペシタビン(ゼローダ)の副作用と効果■商品名(製造・販売会社)・カペシタビン(中外製薬)■特徴小腸から吸収された後に肝臓でドキシフルリジンに変換、さらにフルオロウラシルに変えられて抗腫瘍効果を発揮する抗がん剤です。ドキシルフルリジンを服用するよりも、本剤を服用した方がドキシフルリジンの血中濃度、持...

≫続きを読む

ゲムシタビン(ジェムザール)の副作用と効果

ジェムザール(ゲムシタビン)の副作用と効果商品名(製造・販売会社)・ジェムザール(リリー)特徴高い抗がん剤用を持ちながら、副作用は軽く、注目を集めた代謝拮抗剤です。投与方法は点滴ですが、通院でも投与可能です。細胞内で代謝されてニリン酸化物と三リン酸化物となり、三リン酸化物がDNA合成に必要なdCTP...

≫続きを読む

シタラビンの副作用と効果

シタラビンの副作用と効果商品名(製造・販売会社)・キロサイド(日本新薬)■特徴米国で開発されたビリミジン系の代謝拮抗剤で、米国ではもっともよく用いられる抗がん剤のひとつとなっています。細胞内でAra-CTPという物質に変化し、DNAに取り込まれてDNAの合成を阻害する代謝拮抗剤です。今日では、シタラ...

≫続きを読む

アバスチン(分子標的薬)の副作用と効果

アバスチンの副作用と効果商品名(製造・販売会社)ベバシズマブ特徴転移性大腸がんに使用される分子標的薬です。ガンが血管新生を行うことを阻害して、ガンに栄養や酸素を運べないようにします海外では、FOLFOXなど大腸がんに対する標準的な抗がん剤の併用療法に本財を加えて治療効果が向上する研究結果が発表されて...

≫続きを読む

トラスツズマブ(ハーセプチン)の副作用と効果

トラスツズマブ(ハーセプチン)の副作用と効果■商品名(製造・販売会社)・ハーセプチン(中外製薬)■特徴日本で最初に認可された分子標的薬です。乳がんの2割〜3割の人には、細胞の表面に【HER2】というたんぱく質が過剰にできています。このHER2にはがん細胞の増殖を促進するため、HER2が過剰ながんは増...

≫続きを読む

スニスチブの副作用と効果

スニスチブの副作用と効果商品名(製造・販売会社)・スーテント(ファイザー)特徴経口の分子標的薬で、がん細胞の増殖を促すチロシンキナーゼの働きを抑えます。複数のタイプのチロシンキナーゼを阻害するので、マルチキナーゼ阻害薬とも呼ばれます。主な副作用副作用としては、骨髄抑制、下痢や腹痛などの消化器系の障害...

≫続きを読む

セツキシマブ(アービタックス)の副作用と効果

セツキマシブの副作用と効果商品名(製造・販売会社)・アービタックス(ブリストル・マイヤーズ)特徴細胞の増殖や転移などのシグナル伝達に関与する酵素で「チロンキシナーゼ」と呼ばれるものがあります。がん細胞で異常なチロシンキナーゼが作られると、細胞増殖が活発になります。上皮成長因子受容体(EGFR)は細胞...

≫続きを読む

パニツムマブ(ベクティビックス)の副作用と効果

パニツムマブの副作用と効果商品名(製造・販売会社)・ベクティビックス(武田薬品)特徴細胞の増殖や転移などのシグナル伝達に関与する酵素で「チロンキシナーゼ」と呼ばれるものがあります。がん細胞で異常な「チロシンキナーゼ」が作られると、細胞増殖が活発になります。「チロシンキナーゼ」を有する因子の中の中に「...

≫続きを読む

ゲフィニチブ(イレッサ)の副作用と効果

ゲフィニチブ(イレッサ)の副作用と効果商品名(製造・販売会社)・イレッサ(アストラゼネカ)特徴細胞の増殖や転移などのシグナル伝達に関与する酵素で「チロンキシナーゼ」と呼ばれるものがあります。がん細胞で異常な「チロシンキナーゼ」が作られると、細胞増殖が活発になります。「チロシンキナーゼ」を有する因子の...

≫続きを読む

ソラフェニブ(ネクサバール)の副作用と効果

ソラフェニブ(ネクサバール)の副作用と効果商品名(製造・販売会社)・ネクサバール(バイエル薬品)■特徴細胞の増殖や転移などのシグナル伝達に関与する酵素で「チロンキシナーゼ」と呼ばれるものがあります。がん細胞で異常な「チロシンキナーゼ」が作られると、細胞増殖が活発になります。チロシンキナーゼが関与する...

≫続きを読む

エルロチニブ(タルセバ)の副作用と効果

エルロチニブ(タルセバ)の副作用と効果商品名(製造・販売会社)・エルロチニブ(タルセバ)(中外製薬)■特徴細胞の増殖や転移などのシグナル伝達に関与する酵素で「チロンキシナーゼ」と呼ばれるものがあります。がん細胞で異常な「チロシンキナーゼ」が作られると、細胞増殖が活発になります。エルロチニブ(タルセバ...

≫続きを読む

抗がん剤の増癌作用について

国際がん研究機関(IARC:International Agency for Research on Cancer)は、世界保健機関(WHO)の外部組織であり、1965年、WHO総会で、発がんのメカニズム、疫学、予防等の研究する組織として設立されました。国際がん研究機関(IARC)は、発がんメカニズ...

≫続きを読む


あなたの癌は世界でたったひとつあなただけの病気です

手術、放射線治療、化学療法。
いったん治療を始めてしまえば後戻りはできません。

あなたの癌は世界でたったひとつ、あなただけの病気です。
あなただけに合った治療法を探さねばなりません。


癌の治療には、国内の病院で行われる標準治療だけでなく、世界に目を向ければ、様々な先進医療や補完医療があります。

標準治療・先進医療・保管医療、様々な療法に精通した「癌専門医」なら
「あなただけの治療法」を見つけられるかもしれません。

癌専門医



Home がん症例別データベース 抗がん剤データベース がん専門医 本サイトについて