抗がん剤が効く「がん」効かない「がん」

子宮がんと「抗がん剤治療」

 

子宮がんは、できる場所で「子宮頸がん」と「子宮体がん」に分かれます。

 

わが国では子宮がんの治療については、未だに外科手術がファーストチョイスとなりますが、欧米では生存率に差がなく、子宮も温存できるということで、「放射線治療」が主流になっております。
子宮がんを宣告され、外科手術を薦められても他に選択肢があるということをぜひ覚えておいてください。

 

子宮がんの原因は乳がんと同じく、女性ホルモンである「エストロゲン」が深く関与しております。
そのため、ホルモン治療が行われることも多いです。

 

子宮頸がんの「抗がん剤治療」

子宮頸がんは、膣に近い部分でできる「扁平上皮がん」と、子宮体部に近いところでできる「腺がん」とがあります。
日本国内の子宮頸がんの90%は「扁平上皮がん」です。「扁平上皮がん」は放射線治療が効きやすい部位と言われています。

 

さて、進行した場合は、放射線治療+科学治療が行われます。

 

抗がん剤としては
シスプラチンカルボプラチン
「シスプラチン+パクリタキセル
という組み合わせが常用されております。

 

副作用はシスプラチンを使用する以上は強烈な吐き気。
パクリタキセルは骨髄抑制、吐き気、脱毛等の副作用があります。

 

子宮体がんの「抗がん剤治療」

子宮体がんで使用される抗がん剤は、
シスプラチン(最強の嘔吐剤)、カルボプラチン(嘔吐性はシスプラチンよりは弱い)、アドリアマイシン(シスプラチンに次ぐ最強クラスの嘔吐剤)、エンドキサン(嘔吐、発疹、脱毛)、パクリタキセル(比較的軽い吐き気、脱毛、発熱)、ドセタキセル(浮腫、下痢や吐き気、嘔吐、脱毛)などがあります。

 

特に「シスプラチン(最強の嘔吐剤)+アドリアマイシン(シスプラチンに次ぐ最強クラスの嘔吐剤)」の組み合わせは【AP治療】と呼ばれ、世界標準の治療とされております。
ただし、この【AP治療】は数ある抗がん剤の中でも嘔吐性がNo1とNo2の組み合わせですから(つまり副作用=毒性が非常に高い)ので別の組み合わせもあります。

 

TC治療「ドセタキセル(浮腫、下痢や吐き気、嘔吐、脱毛)+パクリタキセル(比較的軽い吐き気、脱毛、発熱)
DP治療「シスプラチン(最強の嘔吐剤)+カルボプラチン(嘔吐性はシスプラチンよりは弱い)」

 

これらの治療法のうち、治療実績の有為な差は未だ結論が出ていません。

 

子宮がんの抗がん剤治療の奏効率・生存中央値各データ

進行・再発子宮体癌に対してアドリアマイシン(ドキソルビシン)単剤での奏効率は17〜26%
シスプラチンを併用したAP療法は43%〜60%の奏効率を示すことが示されている。
シクロホスファミド,アドリアマイシン(ドキソルビシン),シスプラチン3剤併用のCAP療法の奏効率は47%
出典:がんガイドライン
http://www.jsco-cpg.jp/guideline/24_2.html

 

子宮体がん

子宮がんと「抗がん剤治療」

出典:http://www.avastin-hcp.com/indications/cc/efficacy-data#gog_240_study_results

 

 



あなたの癌は世界でたったひとつあなただけの病気です

手術、放射線治療、化学療法。
いったん治療を始めてしまえば後戻りはできません。

あなたの癌は世界でたったひとつ、あなただけの病気です。
あなただけに合った治療法を探さねばなりません。


癌の治療には、国内の病院で行われる標準治療だけでなく、世界に目を向ければ、様々な先進医療や補完医療があります。

標準治療・先進医療・保管医療、様々な療法に精通した「癌専門医」なら
「あなただけの治療法」を見つけられるかもしれません。

癌専門医


肺がんと『抗がん剤治療』
癌専門医による「抗がん剤」や「放射線治療」の「副作用」と、副作用を低減させる代替療法や自然療法、癌患者の症例別の治療例を紹介するサイトです。
食道がんと『抗がん剤治療』
癌専門医による「抗がん剤」や「放射線治療」の「副作用」と、副作用を低減させる代替療法や自然療法、癌患者の症例別の治療例を紹介するサイトです。
胃がんと『抗がん剤治療』
癌専門医による「抗がん剤」や「放射線治療」の「副作用」と、副作用を低減させる代替療法や自然療法、癌患者の症例別の治療例を紹介するサイトです。
乳がんと『抗がん剤治療』
癌専門医による「抗がん剤」や「放射線治療」の「副作用」と、副作用を低減させる代替療法や自然療法、癌患者の症例別の治療例を紹介するサイトです。
肝臓がんと『抗がん剤治療』
癌専門医による「抗がん剤」や「放射線治療」の「副作用」と、副作用を低減させる代替療法や自然療法、癌患者の症例別の治療例を紹介するサイトです。
膵臓がんと『抗がん剤治療』
癌専門医による「抗がん剤」や「放射線治療」の「副作用」と、副作用を低減させる代替療法や自然療法、癌患者の症例別の治療例を紹介するサイトです。
腎臓と『抗がん剤治療』
癌専門医による「抗がん剤」や「放射線治療」の「副作用」と、副作用を低減させる代替療法や自然療法、癌患者の症例別の治療例を紹介するサイトです。
胆道がんと『抗がん剤治療』
癌専門医による「抗がん剤」や「放射線治療」の「副作用」と、副作用を低減させる代替療法や自然療法、癌患者の症例別の治療例を紹介するサイトです。
多発性骨髄腫と『抗がん剤治療』
癌専門医による「抗がん剤」や「放射線治療」の「副作用」と、副作用を低減させる代替療法や自然療法、癌患者の症例別の治療例を紹介するサイトです。
大腸がんと『抗がん剤治療』
癌専門医による「抗がん剤」や「放射線治療」の「副作用」と、副作用を低減させる代替療法や自然療法、癌患者の症例別の治療例を紹介するサイトです。 大腸がんの抗がん剤治療についてご紹介します。
卵巣がんと『抗がん剤治療』
癌専門医による「抗がん剤」や「放射線治療」の「副作用」と、副作用を低減させる代替療法や自然療法、癌患者の症例別の治療例を紹介するサイトです。 大腸がんの抗がん剤治療についてご紹介します。
絨毛がんと「抗がん剤」
癌専門医による「抗がん剤」や「放射線治療」の「副作用」と、副作用を低減させる代替療法や自然療法、癌患者の症例別の治療例を紹介するサイトです。
脳腫瘍と『抗がん剤治療』
癌専門医による「抗がん剤」や「放射線治療」の「副作用」と、副作用を低減させる代替療法や自然療法、癌患者の症例別の治療例を紹介するサイトです。 大腸がんの抗がん剤治療についてご紹介します。
咽頭がん・喉頭がんと「抗がん剤治療」
癌専門医による「抗がん剤」や「放射線治療」の「副作用」と、副作用を低減させる代替療法や自然療法、癌患者の症例別の治療例を紹介するサイトです。
口腔がんと「抗がん剤治療」
癌専門医による「抗がん剤」や「放射線治療」の「副作用」と、副作用を低減させる代替療法や自然療法、癌患者の症例別の治療例を紹介するサイトです。
甲状腺がんと「抗がん剤治療」
癌専門医による「抗がん剤」や「放射線治療」の「副作用」と、副作用を低減させる代替療法や自然療法、癌患者の症例別の治療例を紹介するサイトです。
骨肉腫と「抗がん剤治療」
癌専門医による「抗がん剤」や「放射線治療」の「副作用」と、副作用を低減させる代替療法や自然療法、癌患者の症例別の治療例を紹介するサイトです。
皮膚がんと『抗がん剤治療』
癌専門医による「抗がん剤」や「放射線治療」の「副作用」と、副作用を低減させる代替療法や自然療法、癌患者の症例別の治療例を紹介するサイトです。
前立腺がんと『抗がん剤治療』
癌専門医による「抗がん剤」や「放射線治療」の「副作用」と、副作用を低減させる代替療法や自然療法、癌患者の症例別の治療例を紹介するサイトです。
膀胱がんと『抗がん剤治療』
癌専門医による「抗がん剤」や「放射線治療」の「副作用」と、副作用を低減させる代替療法や自然療法、癌患者の症例別の治療例を紹介するサイトです。

Home がん症例別データベース 抗がん剤データベース がん専門医 本サイトについて