がん治療と副作用対策 情報センター

「がん」について患者が知らなくてはいけないこと

最低限患者が知っておくべき「がん」の基礎知識
あなたの「がん」は世界でたった一つの病気である

がんは、インフルエンザやエイズのように、外部から細菌やウイルスが進入して出来る病気ではありません
外部からの感染症であれば、ワクチンや抗生物質などで十分に「治療」できます。しかし、がんはそもそも「シンプル」な病気ではありません。とても「複雑」なのです。

 

がんは「あなた」の細胞の遺伝子の突然変異で異常な細胞が増殖したものです。
遺伝子はご存知のとおり一人一人違うわけですから、あなたのがん細胞とおなじ「がん」は世界中探してもありません。

 

ですから、例え「肺がん」「乳がん」と診断されたとしても、他の「肺がん」「乳がん」の患者の方と病気の様相は異なるのです。

 

つまり、本来、がんには「同じがんの種類」であってもそれぞれ人に合った治療法が必要となります。

 

がんの治療には、個々人差に配慮したテイラーメイド医療が理想的なのです。


癌と抗がん剤治療

癌と抗がん剤治療

■抗がん剤で「がんは完治しない」〜「奏効率」に騙されるな〜
抗がん剤治療で完治が見込めるのはごく一部のがんしかありません。抗がん剤の「奏効率」は、がんの治癒率を示す指標ではありません。抗がん剤治療の実態を理解することは、効果的な治療を受けるために非常に重要です。


 


癌と抗がん剤治療

■抗がん剤治療を【ギャンブル】にしない賢い抗がん剤の活用法

抗がん剤はリスクとリターンのバランスの見極めが非常に重要です。また、合わない抗がん剤を最初に長期間投与してしまうと、効果がないばかりか、別の治療を受ける余力すらなくなり、時には致命的な状況に陥ることもあります。抗がん剤治療をギャンブルにしないための、考え方をご紹介します。

「がん」について患者が知らなくてはいけないこと記事一覧

がん大国日本の「がん医療」体制の未熟さ

がん大国日本の「がん医療」体制の未熟さ国民の二人に一人が癌で死亡するという癌大国日本。しかし、世界的に見て、日本の「がん治療」はまだ未熟であると言えます。どういうことかと言いますと、MRIなど検査に用いる器具は優秀ですが、癌に対する病院の医療体制全体という視点では、欧米と比べても十分とは言えないから...

≫続きを読む

あなたのがんを丹念に検査・治療する余裕が病院にはない

あなたのがんを丹念に検査・治療する余裕が病院にはない2015年現在、日本にある7割以上の病院が「赤字」であることはご存知でしょうか。増え続ける医療費に危機感を持つ政府は、医療費の削減のため、患者の在院日数を減らす政策をとっています。病院側としてはがん患者が1ヶ月以上の長期入院をすると、利益が減る・・...

≫続きを読む

【抗がん剤】を使いすぎる日本のがん治療

世界標準でない抗がん剤が使われる【日本の標準医療】抗がん剤の使われ方も世界的な基準がありますが、わが国の病院の【標準医療】の現場では、抗がん剤を使いたがる傾向があります。例えば、統計的に延命効果がほんの1,2ヶ月程度であるのに、無理に抗がん剤を投与するなどです。がんが進行して、あちこちに転移してしま...

≫続きを読む

ガンは増大しなければ怖くない

ガンは増大しなければ怖くない体中から「ガン」が消えて「根治」してしまえば、それは最高にすばらしいことです。しかし、ガンを「残らず殺し尽くす」「根治」させるのは困難がつきまといます。「ガンを体中から残らず殺しつくす=根治」という考え方の一方で、ガンと「共に生きる」という考え方もあります。ガンが恐ろしい...

≫続きを読む


あなたの癌は世界でたったひとつあなただけの病気です

手術、放射線治療、化学療法。
いったん治療を始めてしまえば後戻りはできません。

あなたの癌は世界でたったひとつ、あなただけの病気です。
あなただけに合った治療法を探さねばなりません。


癌の治療には、国内の病院で行われる標準治療だけでなく、世界に目を向ければ、様々な先進医療や補完医療があります。

標準治療・先進医療・保管医療、様々な療法に精通した「癌専門医」なら
「あなただけの治療法」を見つけられるかもしれません。

癌専門医



Home がん症例別データベース 抗がん剤データベース がん専門医 本サイトについて