がん専門医によるセカンドオピニオンとは

 

患者の激増と医師不足

「忙」の医療の時代だからこそ

テイラーメイド型のがん治療を実現する「セカンドオピニオン」を

 

 

 

「心」を「亡」くすと書いて「忙」しいという文字になります。

 

日本における「医師を始めとした医療従事者の不足」は深刻です。

 

 

まさに医療現場は多「忙」を極め、
「心」を「亡」くした「忙」の時代となっています。
がん患者ひとりひとりに十分なケアなど、求めること自体が不可能な時代と言えます。

 

十分にあなたの治療法を検討しないまま、万人同じの治療コースで「即入院」「即手術」。

 

手術以外の選択肢は本当に無かったのでしょうか?
「毒性」の強い「抗がん剤」の投与量をなぜ「身長」と「体重」だけで決めるのでしょうか?

 

万人共通の治療コースが本当に「あなた」にあった「最適ながん治療法」だと言えるのでしょうか?

 

「がん」ほど、患者一人一人に個体差があり、テイラーメイド型の医療が必要な病気はありません。

 

「忙」の医療の時代だからこそ、がん患者一人ひとりの「治療法」を検討する余裕がない時代だからこそ、「がん専門医によるセカンドオピニオン」の受診をお勧めいたします。

 

 

 

【標準医療】
標準治療では【三大療法】しか認めません。全身にがんが飛び散っている場合、再発・転移がんでは、抗がん剤しか方法がなく、これだけではすべてのがん細胞を殺すことができません。
抗がん剤の副作用があまりに強く、正常な細胞や、がんと戦う免疫細胞も殺してしまいます。がんの根治が難しくなるのです。

 

再発・進行がんと診断した医師は、ひたすら【延命】療法を心がけますが、【治る】とは思ってません。しかし、患者さんは【治りたい】のです。
そのために頑張っています。ここに、医師と患者との大きな【意識ギャップ】があり、誤解やすれ違いの生まれる原因があります。

 

ひたすら大病院を信じて医師に命を任せてきた患者さんの気持ちとの大きなギャップです。21世紀に入ってからの医学の進化は日進月歩です。最先端の新しいいろいろな療法もありますし、無数の補完・代替療法もあります。「絶対に治らない」癌はありません。

 

自分なりのベストを尽くして、自分に合った治療法を見つければ、必ず可能性はあります。

 

 

 

 

ロゴ

 

 

 



Home がん症例別データベース 抗がん剤データベース がん専門医 本サイトについて